2014年11月28日

安全パトロールに参加してきました。

弊社では各現場ごとに、社内安全パトロールを行っております。
11月21日にも2現場で安全パトロールを行ったのですが・・・・今回現場で、はじめて見るものがあったので、いくつかご紹介したいと思います。
建設業に携わっているものでなければ、間近に見る機会はないと思うので、きっと楽しんでいただける……はず?



当日は天気も良く、絶好の安全パトロール 日和 

まずは25農大第204号北側ほ場整備工事の現場へ向かいます。
ちなみに正式名称が長いので、農大ほ場と呼んでます。

その農大ほ場の本日の工事内容は、犬走りコンクリートの不陸整正です。
わざと難しく書きましたが、ひらたくいうと、犬走りでコンクリートを打つところがデコボコだとよろしくないので、平らにしましょう、ということです。

ようは、犬走り作る前の準備なのですが・・・・ここで衝撃の光景が……(・ω・))


P1040751.JPG

見ての通り、鉄筋です

私は今まで、犬走りには鉄筋など入っていないと思っていましたが、ちゃんと鉄筋が入っていました。
驚きです!
それから、意外にも犬走りは分厚いようでして、目測で・・・・180mmくらいの厚さのコンクリートがうてそうでした。犬走りって意外と分厚いなぁと、しばらく凝視してしまいました。

このように、知らなかったことを知ることができるというのも、安全パトロールのもう一つの側面ですね。


コンクリが打たれる前の犬走りに衝撃を受けたまま、次の現場へ



お次の現場は、総簡加)社会資本整備総合交付金(河川)工事(護岸工その2)461です。
もはやどこの現場だかよくわからない名前になっていますが、川ということはわかりますよね!

和田川という川の、護岸工事の現場です。
社内では、正式名称が長すぎるので、和田川護岸と呼ばれております。

ここでも、巨大なものを目撃しまして……衝撃です(>Д<)


ひとつご覧ください。


P1040758.JPG


全体をうつすために、かなり引きで撮りましたが・・・・巨大なクレーン車です。

55tクローラークレーンという機械です。
写真では見たことがありましたが、実物が稼働しているのを見るのは今回が初めてです。

おおきいですexclamation
というか、背が高い? です。

詳しい仕組みはわかりませんが、このクレーンの振動で鋼矢板という分厚い板を地面に押し込んでいました。
近づくと地面が振動していて、おもしろかったです。


重機は ロマン ですね。


そんなわけで、今回の安全パトロールは、犬走りの秘密とあまり見る機会のない重機を間近で見るという収穫がありました!

もちろん、安全パトロールという名称通り、現場の安全管理もきっちり見てきました。
場内はごみもなく、重機が道をふさぐこともなく、快適な状態でした。


今回は総務部の伊佐山がブログを書いておりましたー


posted by 大和建設 at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。